ゴルフ好きの方必見!ボールをより遠くに飛ばす方法

力を抜くことで、ヘッドスピードを上げる!

ゴルフをしている方は皆、ゴルフ場のコースや練習場などで、誰よりもボールを遠くに飛ばしたいと思っています。それには、コツがあります。スイング時に、絶対にリキまないということです。ゴルフを初めたばかりの方は勘違いしがちですが、「力を入れてゴルフクラブを振れば、ボールは遠くに飛ぶ」という考えです。

それは誤りで、もし、腕や手首に力の入った状態でスイングすると、ヘッドスピードは必ず落ちてしまいます。その結果、飛距離は伸びなくなるのです。ボールを遠くに飛ばすには、何と言ってもヘッドスピードを上げなくてはなりません。

そのヘッドスピードを上げるには、ゴルフクラブをどれだけ素早く振れるかということが重要になります。でも頭では分かっていても、なかなか難しいものなのです。例えば、脱水後の洗濯物を干すときに、まず、素早く振ってパシッとしわを伸ばしますよね。

その時、洗濯物は手で掴んでいるだけで、腕にも手首にも力は入っていないはずです。それがもし、腕や手首に思いっきり力を入れた状態のまま手でパシッとやってみても、上手く手を振ることができないはずです。ゴルフのスイングもこれと同じで、ゴルフクラブを素早く振るには、手や腕に力を入れてはダメなんです。

手に力を入れるとヘッドスピードは確実に落ちてしまいます。よくゴルフスクールでのレッスン時に、グリップを握る強さを例えて、「小鳥を両手で持つような感じで」などと説明を受けることがあります。とにかくクラブを握る時には、腕や手首に力を入れてはいけません。

このように、スクールではプロによる細かなアドバイスを受けることができます。それにゴルフスクールは都心で見つけるのは難しいと思われている方も多いのですが、実は池袋などにもあります。池袋であれば仕事帰りにも楽に通うことができるので、特にサラリーマンなどに人気があります。

もっとゴルフが上達したい方や、今一つ思うようにならない方は、一度でもスクールでのレッスンを受けられるとよりコツが掴めるかもしれません。これらのことから、ボールをより遠くに飛ばすためには、スイング時に体幹や足腰を使い踏ん張る時に、それにつられて手や腕まで一緒にリキんでしまわないようにすることが大切なのです。

グリップエンドの握り方&筋力アップで、ヘッドスピードアップ!

22

アイアンよりも、ボールを飛ばすドライバーなどのクラブになるに従って、シャフトの長さもそれに比例し長くなります。それは、シャフトが長ければ長いほど、スイングした時にヘッドスピードも上がり、結果的に飛距離も伸びるからです。

このようにシャフトの長さが飛距離に影響を与えることを活かし、ドライバーを構える時にはいつもよりシャフトが長くなるように、グリップエンドのぎりぎりを持ってスイングをしてみましょう。上手くいけば、いつも以上のヘッドスピードが期待でき、いつも以上の飛距離が出るかもれません。

また、なんといっても飛距離を伸ばすためには、トレーニングを積み、筋力を増やすことにより、ヘッドスピードを速めることも大切です。いろいろなトレーニング方法がありますが、特にヘッドスピードに効果的と言われているのが素振りです。

オススメなトレーニング方法は、竹ぼうきなどの重量感があるものを使って行う素振りです。身体全体を上手く使ってスイングしなければ、竹ぼうきなどの重量感があるものは上手く振ることができません。そうすることで回転軸がぶれないようなバランス力を付け、クラブを素早く振るための筋肉を鍛えることもできるのです。

筋力を付け、スイングスピードが上がれば、結果的にボールをより遠くへ飛ばすことができるといえるでしょう。また、池袋などのゴルフスクールにてレッスンを受け、効果的なトレーニング方法を学び、飛距離を伸ばす方法もあります。なにより、日々の積み重ねが大切といえるでしょう。

参考:池袋ゴルフクラブHP

初心者でも通えるおすすめのゴルフスクール

最近ではゴルフが人気ということもあり、男性だけでなく女性の方でもゴルフに興味を持っている方は多いかと思います。

しかし始めるのにどのくらいの費用がかかるのか、プロのレッスンを受けないと上手くなれないのか、など疑問に思うことが色々とあるかと思います。

また初心者の場合だと正しいフォームやスイングが分からず、適当に始めてしまうと悪い癖がついて後から修正しようとしても上手くいかないということもあるので、練習を始めるなら最初からコーチを付けて教えてもらった方が上達も速く、ゴルフの楽しさをより理解できることでしょう。

そこでおすすめしたいのがゴルフスクールを利用することで、最近では池袋など都内でも通えるゴルフスクールが数多くあり、様々な設備やサービスが充実しています。

例えば池袋にあるゴルフスクール「JOJO GOLF」は会員制のゴルフスクールで、池袋駅から徒歩5分程度の場所にあり、ゴルフクラブやグローブ、シューズといった道具のレンタルもあるのであるので仕事帰りに手ぶらで向かっても問題なくレッスンを受けることができます。

また女性の利用者も多いのでゴルフを始めてみたい女性でも安心して通えるところも良い点です。レッスンは基本的に室内の練習場で月に数回、3人程度の少人数でおこなわれます。

日程が決まっているわけではなく自分の予定に合わせてレッスンの予約ができるので、忙しい方は時間のある時にゆっくりと、時間に余裕がある方なら短期間に何度も通って練習することができます。

また個人ごとに練習の状況が記録されているので、練習ごとにコーチの的確なアドバイスを受けることができ、自分のペースで上達していくことができます。それから定期的にコースレッスンも開催されていて、実際にゴルフ場でコースを回りながらレッスンを受けることができます。

実際のコースで練習することで室内の練習では感じることのできなかった感覚などを掴むことができるので積極的に参加してみるといいと思います。

今回は「JOJO GOLF」の紹介をしましたが、他にも同様のサービスをおこなっているゴルフスクールは沢山あり、体験レッスンなどをしている所も多いので、興味がある方はまず体験レッスンから受けてみることをおすすめします。

今では初心者がゴルフを始めやすい環境が整っているので、これまで興味を持っていた方はこれを機にゴルフを始めてみてはいかがでしょうか。

もう怖くない!池越えホールの攻略法とは? 

池越えホールは、「ルーティン」を行い平常心で!

ゴルフがいくら上手な方でも、ゴルフ場の池越えホールになるとなぜか固くなってしまい、必ずといっていいほど池ポチャをしてしまうという方も多いと思います。

もし前に池が無ければ難なく飛ばせるはずの飛距離なのに、前に池があるというだけでミスしてしまうのは何故なのでしょうか。それは池があることで、普段通りのスイングがいつの間にかできなくなっているからです。

池があるといつもダフってしまたり、ミスをしてしまうという人は、身体に力が入りすぎている場合があります。知らず知らずのうちに、いつもよりグリップを強く握っているのかも知れません。スイング前は、肩や腕や手首などの力を抜くことがとても大切になってきますが、池を目の前にしてしまうとそれは難しいことなのかもしれません。

そこで、いつもの平常心を保つ方法として、自分なりの「ルーティン」を作っておくことをオススメします。近頃では、ラグビーでもこの「ルーティン」が話題になり、その重要性も明らかにされています。

この話題の「ルーティン」ですが、ゴルフ界においても、プロであれば誰しも以前から当たり前のように行ってきたことなのです。そこで、素振りなどを含め、構えなどのスイングに入るまでの一連の動きを自分なりに「ルーティン」として確立しておくといいでしょう。

池の前だけでなく、ここで決めたいと緊張してしまう場合などにおいて、どんな場面でもこの「ルーティン」をするだけで、いつもと同じスイングを再現しやすくなるのです。

また、ゴルフ場のコースに出た時だけではなく、普段練習場にいる時から、この「ルーティン」を意識して打つようにしておくことが、いざという時に成功する秘訣なのです。

池越えホールは、ボールを無理に上げようとしないこと!

3

池越えホールが苦手な方は、前に池があるとどうしてもボールを上げようとしてしまいがちです。ボールを上げようとすると、クラブを下から上に動かしてしまいます。

それがティーアップした状態であれば大丈夫なのですが、地面にあるボールを打つ場合、ダフったり、ボールの上半分を叩いたりし易くなるのです。こうしてミスに繋がってしまうのです。

クラブのフェース面は斜め上を向いているので、無理にボールを上げようとしなくても、当てればボールは自然と上がるようになっているのです。意識してボールを上げようとは思わずに、クラブがボールを上げてくれると思って、自信を持ってスイングすることが大切なのです。

これが池ポチャを攻略するためには、重要なことなのです。そして、もう一つ注意したいのが頭の動きです。池を前にすると、ボールを打ち終わった後、ボールの行方が気になってしまい、ヘッドアップ気味になりがちです。

ボールを完全に打ち終わる前に顔が上がってしまうと、体の開きが早くなり、クラブのフェース面の中心でボールを捉えられなくなってしまうのです。ボールの行方が気になったとしても、見たい気持ちを我慢し、頭をしっかりと残してスイングすることが大切です。

また、これらの池ポチャを克服したい場合にも言えますが、ゴルフスクールに通って、一度プロからレッスンを受けてみるのもいいでしょう。しかし、ゴルフスクールは、池袋などの都心にはないと思って諦めている方も多いかもしれません。

実際には、池袋にはゴルフスクールがあり、とても便利なのです。そして、スクールに通うことで、ゴルフに自信のある方も自分では気付かない部分を修正、改善することができ、さらなる上達が期待できます。

また、これからゴルフを始めたい方も、一からレッスンを受けることで、きちんと基礎から身に着けることができるのです。池袋であればレッスンにも通いやすいこともあり、以前から人気があるのも頷けます。

これらのことから、池越えホールは普段通りに打てるかどうかがカギで、決して難しいことではありません。自分の意識の改革ひとつで、池越えホールを攻略することができるのです。

ゴルフがもっと上手くなりたいと願う人へ

私はゴルフが趣味で、大学生の頃から部活として始めたので、ゴルフ歴は15年ぐらいなのですが、もっと上手くなりたいと常々思っております。

仕事中でさえ、昨日のゴルフ場での練習を反省して、どこがもっと改善できるかなどと考えてしまったり、営業職なので、営業回り中に素振りをしたりしてしまう始末です。

そんなゴルフ馬鹿な私なのですが、どう頑張ってもコースで70台のスコアが出せません。ベストスコアで81です。前半調子良くて30台で回れても、1回のミスを起点に後半落ちていって、結果ボロボロになってしまうことも多々あります。

ゴルフは自分との戦いで、精神力の強さも大事とよくいわれますが、上手く表現したもので、本当にそう思います。営業先には上手くて70台のスコアを出せる方がいて、その方ともたまに一緒にコースを回るのですが、何が違うのかはずっとよく分かりませんでした。

ただ単純に運でスコアが良い訳ではない、ということだけは分かります。先日、その方に恥を忍んで、どんなゴルフ関連の書籍を読んでいるのか、どんな練習を普段していてそんなに上手くなったのか、誰かに習っていたのか、など色々と尋ねてみると、ゴルフスクールに通っているらしく、しかもそれが池袋にあるのです。

営業でよく池袋も通るので、そんな都心にあるなら毎日でも通っていたのにと、もっと早く知りたかったとある意味悔しい思いをしました。また、営業時間を考慮しても通いやすいので、すぐに私もその池袋のゴルフスクールに入会しました。

さすが都心のゴルフスクールだけあって、プロレベルの指導者が教えて頂けて、レッスンの内容も私個人にとって十分納得のいくものでした。私に足りない部分を簡単に見抜いて教えて下さいました。

実際に、レッスンに通ってからは、練習場で練習していても前と比べて球筋が違うことが分かります。前より力強い球筋になりました。まだ通い始めて1ヶ月半なのですが、早くコースを回りたいとうずうずしております。

今ならばきっと調子が良ければ70台を出せる気がします。ちなみに、私は通っている中では一応上手い部類なのですが、初心者の方も大勢いらっしゃって、生徒のレベルとしてはかなり幅広いと思いました。

一緒の時期に入学して仲良くなった初心者の方も、一生懸命なのか、指導者の方が教えるのが上手なのか、みるみる上達していました。近い将来一緒にコースを回る約束をしていて、それも楽しみです。