21

ゴルフ好きの方必見!ボールをより遠くに飛ばす方法

力を抜くことで、ヘッドスピードを上げる!

ゴルフをしている方は皆、ゴルフ場のコースや練習場などで、誰よりもボールを遠くに飛ばしたいと思っています。それには、コツがあります。スイング時に、絶対にリキまないということです。ゴルフを初めたばかりの方は勘違いしがちですが、「力を入れてゴルフクラブを振れば、ボールは遠くに飛ぶ」という考えです。

それは誤りで、もし、腕や手首に力の入った状態でスイングすると、ヘッドスピードは必ず落ちてしまいます。その結果、飛距離は伸びなくなるのです。ボールを遠くに飛ばすには、何と言ってもヘッドスピードを上げなくてはなりません。

そのヘッドスピードを上げるには、ゴルフクラブをどれだけ素早く振れるかということが重要になります。でも頭では分かっていても、なかなか難しいものなのです。例えば、脱水後の洗濯物を干すときに、まず、素早く振ってパシッとしわを伸ばしますよね。

その時、洗濯物は手で掴んでいるだけで、腕にも手首にも力は入っていないはずです。それがもし、腕や手首に思いっきり力を入れた状態のまま手でパシッとやってみても、上手く手を振ることができないはずです。ゴルフのスイングもこれと同じで、ゴルフクラブを素早く振るには、手や腕に力を入れてはダメなんです。

手に力を入れるとヘッドスピードは確実に落ちてしまいます。よくゴルフスクールでのレッスン時に、グリップを握る強さを例えて、「小鳥を両手で持つような感じで」などと説明を受けることがあります。とにかくクラブを握る時には、腕や手首に力を入れてはいけません。

このように、スクールではプロによる細かなアドバイスを受けることができます。それにゴルフスクールは都心で見つけるのは難しいと思われている方も多いのですが、実は池袋などにもあります。池袋であれば仕事帰りにも楽に通うことができるので、特にサラリーマンなどに人気があります。

もっとゴルフが上達したい方や、今一つ思うようにならない方は、一度でもスクールでのレッスンを受けられるとよりコツが掴めるかもしれません。これらのことから、ボールをより遠くに飛ばすためには、スイング時に体幹や足腰を使い踏ん張る時に、それにつられて手や腕まで一緒にリキんでしまわないようにすることが大切なのです。

グリップエンドの握り方&筋力アップで、ヘッドスピードアップ!

22

アイアンよりも、ボールを飛ばすドライバーなどのクラブになるに従って、シャフトの長さもそれに比例し長くなります。それは、シャフトが長ければ長いほど、スイングした時にヘッドスピードも上がり、結果的に飛距離も伸びるからです。

このようにシャフトの長さが飛距離に影響を与えることを活かし、ドライバーを構える時にはいつもよりシャフトが長くなるように、グリップエンドのぎりぎりを持ってスイングをしてみましょう。上手くいけば、いつも以上のヘッドスピードが期待でき、いつも以上の飛距離が出るかもれません。

また、なんといっても飛距離を伸ばすためには、トレーニングを積み、筋力を増やすことにより、ヘッドスピードを速めることも大切です。いろいろなトレーニング方法がありますが、特にヘッドスピードに効果的と言われているのが素振りです。

オススメなトレーニング方法は、竹ぼうきなどの重量感があるものを使って行う素振りです。身体全体を上手く使ってスイングしなければ、竹ぼうきなどの重量感があるものは上手く振ることができません。そうすることで回転軸がぶれないようなバランス力を付け、クラブを素早く振るための筋肉を鍛えることもできるのです。

筋力を付け、スイングスピードが上がれば、結果的にボールをより遠くへ飛ばすことができるといえるでしょう。また、池袋などのゴルフスクールにてレッスンを受け、効果的なトレーニング方法を学び、飛距離を伸ばす方法もあります。なにより、日々の積み重ねが大切といえるでしょう。

参考:池袋ゴルフクラブHP