7

ゴルフのコツは「楽しむこと!続けること!」

私はゴルフを趣味として楽しみながらコースに出ています。私が初めてクラブを手にしたのは今から30年も前のことです。当時私は会社の寮がある池袋に住んでいました。ある時、同僚に連れられてゴルフ練習場に行ったのです。

クラブの握り方も打ち方も全く知らない私は、周囲の目を気にしながら遠慮がちに打ったものです。残念ながら一球しか当たりませんでした。その後池袋を去り帰郷して、現在は旦那様と一緒にゴルフをしています。

旦那様のアドバイス、TVのゴルフ番組、雑誌を参考に練習場に通いました。私はアウトサイドインの癖がありスイングプレーンが乱れます。直すためにタオルを振って手の使い方を憶えました。また、肩が回らないのも原因なのでストレッチをしました。

そして左腕リードで打つようにしました。その後上達の為にスクールに通うことにしました。レッスンの料金は高いけれど仕方ありません。ティーチングプロの指導は、ずばり「飛距離アップ」でした。

ティークバックで腕をローリングさせてフェースを開き、ダウンではローリングしてフェースを閉じてリリース、インパクトに至る方法です。釣り竿のようにシャフトをしならせる事が重要で、飛距離は少しだけアップしました。

他にも飛距離アップに欠かせないことがあります。それはクラブです。最新のクラブは従来よりもやさしく打て飛距離も期待できます。私も今年新しいアイアンを買いました。今までより飛距離も伸びて、ボールは高く上がります。

また、スコアメイクも重要です。方向性と正確性、そしてアプローチとパットが鍵だと思います。いかにして、バンカーやクリーク、ラフを避け定めた方向へ正確に打つか。グリーン周りではアプローチの距離感、ライにより打ち方も変えます。

グリーン上では、距離感と芝目の読み方、手の感触が重要です。これらは日々の練習と何度もゴルフ場でプレーするしか培う方法はありません。プロのトーナメントを実際に目で見ることも勉強になります。

そして何より「楽しむこと!」だと思います。仲良しでコースに出たり、可愛いファッションでプレーしたり、コンペに出て商品をゲットしたりです。

コースでは思うように出来ないことは山ほどあるけれど、そんな事は気にしないことですあの池袋の頃から30年経って思うことは「ゴルフは楽しむこと!続けること!」、これがゴルフの「一番のコツ」だと思います。