5

打球がスライスする場合の対策法

初心者の定番の悩みである打球がスライスする問題

実際にゴルフ場のコースに出るようになって、初心者の9割近くがまず悩まされるというのが打球がスライスするという問題です。

スライスというのは打ったボールがまっすぐ飛ばずに右方向に曲がってしまうという状態をいいます。このようなスライスの原因についてですが、初心者の打球がスライスする場合にはほとんどのケースでグリップの握り方が問題になっています。

打球がスライスする初心者のフォームをチェックすると、左の手首が手の甲の方向に曲がってしまっているというフォームになっているというケースが多く見られます。

そして、このような手首が曲がってしまうという状態について原因を突き詰めていくと、グリップの握り方がおかしいということに行きつきます。

打球がスライスする問題の解決法

6

このようなグリップの握り方の問題についてはどこが問題であるというのは一言ではかたずけられません。なぜなら、グリップの握り方がどのようにおかしくなっているかということは人それぞれ違っているためです。

しかし、グリップの握り方がおかしい場合、ボールがスライスする傾向があるというのは共通しています。このようなグリップの握り方をチェックするためには正しいグリップの握り方について知る必要があります。

例えば、ゴルフ雑誌などを購読していると定期的に正しいグリップの握り方といったような形でプロのグリップの形の解説記事などが載っていることがあります。このような記事の特集は1年に何回か定期的に組まれているものになります。

つまり、裏を返せばそれだけゴルフのグリップで悩んでいる人が多いということが分かります。このような解説記事には正しいグリップの握り方が写真付きで解説されている場合がほとんどになります。

まずはこのような写真を見ながら、自分がグラブを握っている時のグリップと何度も見比べてみるようにしましょう。

そうすることで、自分のグリップのどこに問題があるのかということについて少しずつ分かってくるようになります。そして、ゴルフ練習場などで打球を打つときに、まず正しいグリップで握っていることを確認してそれから打つということを心がけていくと自然にグリップの乱れは矯正されていきます。

グリップの握りがおかしくなっている場合は繰り返し、正しいフォームを意識して修正することを行う必要があります。このような繰り返しで正しいフォームを自分の体に覚え込ませるということが大切になってきます。

上記で説明してきた打球がスライスする場合の問題ですが、このような問題を解決する場合はゴルフスクールの練習場などに通って、実際にプロのレッスンを受けるのが一番の早道になります。

上記ではゴルフ雑誌などの写真を参考にグリップを修正する方法について触れてきましたが、グリップを直すうえで最も早い方法はプロから指導を受けることです。

プロから指導を受けて、自分のグリップのおかしいところを明確に指摘してもらった方がより効率的にグリップを修正することが出来ます。最近は屋内のゴルフスクールなども増え、東京都内のターミナル駅などにも多くのゴルフスクールが存在するようになりました。

例を挙げるなら池袋です。都内に通勤・通学する人なら、乗り換えで利用する人も多い池袋ですが、この池袋にもたくさんのゴルフスクールが存在しています。このような都内のターミナル駅に存在するゴルフスクールであれば、仕事帰りに立ち寄ってレッスンを受けることもそれほど難しいことではありません。

打球がスライスする問題で悩んでいるならば、一度ゴルフスクールに通ってプロのアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。