2

もう怖くない!池越えホールの攻略法とは? 

池越えホールは、「ルーティン」を行い平常心で!

ゴルフがいくら上手な方でも、ゴルフ場の池越えホールになるとなぜか固くなってしまい、必ずといっていいほど池ポチャをしてしまうという方も多いと思います。

もし前に池が無ければ難なく飛ばせるはずの飛距離なのに、前に池があるというだけでミスしてしまうのは何故なのでしょうか。それは池があることで、普段通りのスイングがいつの間にかできなくなっているからです。

池があるといつもダフってしまたり、ミスをしてしまうという人は、身体に力が入りすぎている場合があります。知らず知らずのうちに、いつもよりグリップを強く握っているのかも知れません。スイング前は、肩や腕や手首などの力を抜くことがとても大切になってきますが、池を目の前にしてしまうとそれは難しいことなのかもしれません。

そこで、いつもの平常心を保つ方法として、自分なりの「ルーティン」を作っておくことをオススメします。近頃では、ラグビーでもこの「ルーティン」が話題になり、その重要性も明らかにされています。

この話題の「ルーティン」ですが、ゴルフ界においても、プロであれば誰しも以前から当たり前のように行ってきたことなのです。そこで、素振りなどを含め、構えなどのスイングに入るまでの一連の動きを自分なりに「ルーティン」として確立しておくといいでしょう。

池の前だけでなく、ここで決めたいと緊張してしまう場合などにおいて、どんな場面でもこの「ルーティン」をするだけで、いつもと同じスイングを再現しやすくなるのです。

また、ゴルフ場のコースに出た時だけではなく、普段練習場にいる時から、この「ルーティン」を意識して打つようにしておくことが、いざという時に成功する秘訣なのです。

池越えホールは、ボールを無理に上げようとしないこと!

3

池越えホールが苦手な方は、前に池があるとどうしてもボールを上げようとしてしまいがちです。ボールを上げようとすると、クラブを下から上に動かしてしまいます。

それがティーアップした状態であれば大丈夫なのですが、地面にあるボールを打つ場合、ダフったり、ボールの上半分を叩いたりし易くなるのです。こうしてミスに繋がってしまうのです。

クラブのフェース面は斜め上を向いているので、無理にボールを上げようとしなくても、当てればボールは自然と上がるようになっているのです。意識してボールを上げようとは思わずに、クラブがボールを上げてくれると思って、自信を持ってスイングすることが大切なのです。

これが池ポチャを攻略するためには、重要なことなのです。そして、もう一つ注意したいのが頭の動きです。池を前にすると、ボールを打ち終わった後、ボールの行方が気になってしまい、ヘッドアップ気味になりがちです。

ボールを完全に打ち終わる前に顔が上がってしまうと、体の開きが早くなり、クラブのフェース面の中心でボールを捉えられなくなってしまうのです。ボールの行方が気になったとしても、見たい気持ちを我慢し、頭をしっかりと残してスイングすることが大切です。

また、これらの池ポチャを克服したい場合にも言えますが、ゴルフスクールに通って、一度プロからレッスンを受けてみるのもいいでしょう。しかし、ゴルフスクールは、池袋などの都心にはないと思って諦めている方も多いかもしれません。

実際には、池袋にはゴルフスクールがあり、とても便利なのです。そして、スクールに通うことで、ゴルフに自信のある方も自分では気付かない部分を修正、改善することができ、さらなる上達が期待できます。

また、これからゴルフを始めたい方も、一からレッスンを受けることで、きちんと基礎から身に着けることができるのです。池袋であればレッスンにも通いやすいこともあり、以前から人気があるのも頷けます。

これらのことから、池越えホールは普段通りに打てるかどうかがカギで、決して難しいことではありません。自分の意識の改革ひとつで、池越えホールを攻略することができるのです。