リバースピポットが原因となっているスライスの克服法

ゴルフ場のコースやゴルフ練習場に通い始めた段階の初心者がボールが右回転するスライスの問題に悩んでいるときにはそもそも重心の移動がうまくいっていないことが原因となっている場合があります。ゴルフのスイングではバックスイングした際に体重が後ろ足にのり、そこからボールに向かってスイングしていく過程で徐々に前足に体重が移っていくというのが基本になります。

この体重移動によって体のパワーを引き出して、打球に力を与えています。しかし、初心者の場合はバックスイングの際に前足に体重が乗り、ボールに向かってスイングしていく過程で後ろ足に体重が乗るという全く逆の現象が起こってしまう場合があります。このリバースピポットがスライスの発生の原因になっている場合があります。

このようなリバースピポットを改善するための練習方法ですが、一つの練習方法としては前足のかかとを浮かせてバックスイングするという方法があります。前足のかかとを浮かせてバックスイングすると、ボールに向かってスイングしてインパクトする場合にはかかとを必ず踏み込むことになります。

この踏み込みを行うことにより、その反動で自動的に重心は前方に移動することになります。この反動を利用することにより、体重が前に移動しやすくなります。また、最初に構えるときに両足を多少開いた状態で構えるというのも効果的です。

このように両足を開いてやるとバックスイングを大きくしてやることができます。バックスイングを大きくしてやるとその分勢いが付き、体が前方に進みやすくなります。このように構える際のスタンスを少し工夫してやることもリバースピポットの改善には効果的です。

上記で説明してきた重心が逆になってしまうリバースピポットの問題についてですが、初心者が陥りやすいフォームの問題点の代表例として、スクールのレッスンで指導するプロなどにはよく知られている問題になります。

したがって、ここで紹介した以外にも非常に多くのリバースピポット改善のための練習法というものは存在しています。自分ではなかなかリバースピポットになっているということは気づきにくいため、一度スクールなどでプロの指導を仰ぐことをお勧めします。

最近では池袋・新宿などといった大きな駅にもたくさんのゴルフスクールが存在しています。池袋・新宿などの駅であれば仕事帰りに通うのも簡単です。一度ゴルフスクールをのぞいてみてはいかがでしょうか。

プロが監修するゴルフレッスンが受けられる場所も

池袋駅周辺には充実した室内設備をもつゴルフの練習場が増えています。プロが実際に指導するケースも多く、スクールごとの大きな特徴になっています。

中には女性インストラクターを充実させることで女性が通いやすいことを目指しているケースや、週一回のゴルフ場でのレッスンなど実地での練習を大切にしているケースもあり、それぞれの特色ともなっています。

充実した環境で忘れてはいけないのが、大手企業の存在です。池袋にはスポーツクラブを運営する大手企業も進出しており、ゴルフのレッスン上もその例外ではなくなっています。

サンシャインシティなど非常にわかりやすい場所に入っているのもポイントで、コースデビューを目指すまでのコースや、より技術を上げるためのコースなど、わかりやすいコース設定や料金設定が魅力となっています。

また、コーチングのプロが監修したトレーニング環境も魅力で、力学的なアプローチや様々な計測機器など、室内設備が非常に充実しているのもポイントになります。個人ではとても揃えられないシミュレーターや、最新型の機器が導入されることもあり大きな魅力になっています。

ただやみくもに人数を集めるだけでなく、募集に限定をかけて集中的に指導するコースなどもあり、経験などに応じたきめ細かな指導を受けられるのも特徴です。

実際にゴルフ場に出てのラウンドレッスンを行う場合や、初心者向けにコースデビューまでの指導がセットになっているものもあります。

中には海外も含めたゴルフツアーの企画などもあり、大手の懐の広さを感じさせます。

もちろん、小さなゴルフスクールでも、マンツーマンに近い体制や、完全予約制の少人数指導を行っているところなど、それぞれにメリットがあります。大切なのは続ける環境が整っていることで、見切り発車ではお金や時間を無駄にしてしまう可能性もあります。

複数のスクールでお試しをするのも方法で、駅近くにスクールが集中する池袋ならではの選び方もできるのです。