打球がスライスする場合の対策法

初心者の定番の悩みである打球がスライスする問題

実際にゴルフ場のコースに出るようになって、初心者の9割近くがまず悩まされるというのが打球がスライスするという問題です。

スライスというのは打ったボールがまっすぐ飛ばずに右方向に曲がってしまうという状態をいいます。このようなスライスの原因についてですが、初心者の打球がスライスする場合にはほとんどのケースでグリップの握り方が問題になっています。

打球がスライスする初心者のフォームをチェックすると、左の手首が手の甲の方向に曲がってしまっているというフォームになっているというケースが多く見られます。

そして、このような手首が曲がってしまうという状態について原因を突き詰めていくと、グリップの握り方がおかしいということに行きつきます。

打球がスライスする問題の解決法

6

このようなグリップの握り方の問題についてはどこが問題であるというのは一言ではかたずけられません。なぜなら、グリップの握り方がどのようにおかしくなっているかということは人それぞれ違っているためです。

しかし、グリップの握り方がおかしい場合、ボールがスライスする傾向があるというのは共通しています。このようなグリップの握り方をチェックするためには正しいグリップの握り方について知る必要があります。

例えば、ゴルフ雑誌などを購読していると定期的に正しいグリップの握り方といったような形でプロのグリップの形の解説記事などが載っていることがあります。このような記事の特集は1年に何回か定期的に組まれているものになります。

つまり、裏を返せばそれだけゴルフのグリップで悩んでいる人が多いということが分かります。このような解説記事には正しいグリップの握り方が写真付きで解説されている場合がほとんどになります。

まずはこのような写真を見ながら、自分がグラブを握っている時のグリップと何度も見比べてみるようにしましょう。

そうすることで、自分のグリップのどこに問題があるのかということについて少しずつ分かってくるようになります。そして、ゴルフ練習場などで打球を打つときに、まず正しいグリップで握っていることを確認してそれから打つということを心がけていくと自然にグリップの乱れは矯正されていきます。

グリップの握りがおかしくなっている場合は繰り返し、正しいフォームを意識して修正することを行う必要があります。このような繰り返しで正しいフォームを自分の体に覚え込ませるということが大切になってきます。

上記で説明してきた打球がスライスする場合の問題ですが、このような問題を解決する場合はゴルフスクールの練習場などに通って、実際にプロのレッスンを受けるのが一番の早道になります。

上記ではゴルフ雑誌などの写真を参考にグリップを修正する方法について触れてきましたが、グリップを直すうえで最も早い方法はプロから指導を受けることです。

プロから指導を受けて、自分のグリップのおかしいところを明確に指摘してもらった方がより効率的にグリップを修正することが出来ます。最近は屋内のゴルフスクールなども増え、東京都内のターミナル駅などにも多くのゴルフスクールが存在するようになりました。

例を挙げるなら池袋です。都内に通勤・通学する人なら、乗り換えで利用する人も多い池袋ですが、この池袋にもたくさんのゴルフスクールが存在しています。このような都内のターミナル駅に存在するゴルフスクールであれば、仕事帰りに立ち寄ってレッスンを受けることもそれほど難しいことではありません。

打球がスライスする問題で悩んでいるならば、一度ゴルフスクールに通ってプロのアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

ゴルフのコツは「楽しむこと!続けること!」

私はゴルフを趣味として楽しみながらコースに出ています。私が初めてクラブを手にしたのは今から30年も前のことです。当時私は会社の寮がある池袋に住んでいました。ある時、同僚に連れられてゴルフ練習場に行ったのです。

クラブの握り方も打ち方も全く知らない私は、周囲の目を気にしながら遠慮がちに打ったものです。残念ながら一球しか当たりませんでした。その後池袋を去り帰郷して、現在は旦那様と一緒にゴルフをしています。

旦那様のアドバイス、TVのゴルフ番組、雑誌を参考に練習場に通いました。私はアウトサイドインの癖がありスイングプレーンが乱れます。直すためにタオルを振って手の使い方を憶えました。また、肩が回らないのも原因なのでストレッチをしました。

そして左腕リードで打つようにしました。その後上達の為にスクールに通うことにしました。レッスンの料金は高いけれど仕方ありません。ティーチングプロの指導は、ずばり「飛距離アップ」でした。

ティークバックで腕をローリングさせてフェースを開き、ダウンではローリングしてフェースを閉じてリリース、インパクトに至る方法です。釣り竿のようにシャフトをしならせる事が重要で、飛距離は少しだけアップしました。

他にも飛距離アップに欠かせないことがあります。それはクラブです。最新のクラブは従来よりもやさしく打て飛距離も期待できます。私も今年新しいアイアンを買いました。今までより飛距離も伸びて、ボールは高く上がります。

また、スコアメイクも重要です。方向性と正確性、そしてアプローチとパットが鍵だと思います。いかにして、バンカーやクリーク、ラフを避け定めた方向へ正確に打つか。グリーン周りではアプローチの距離感、ライにより打ち方も変えます。

グリーン上では、距離感と芝目の読み方、手の感触が重要です。これらは日々の練習と何度もゴルフ場でプレーするしか培う方法はありません。プロのトーナメントを実際に目で見ることも勉強になります。

そして何より「楽しむこと!」だと思います。仲良しでコースに出たり、可愛いファッションでプレーしたり、コンペに出て商品をゲットしたりです。

コースでは思うように出来ないことは山ほどあるけれど、そんな事は気にしないことですあの池袋の頃から30年経って思うことは「ゴルフは楽しむこと!続けること!」、これがゴルフの「一番のコツ」だと思います。

ボールを自由自在に操る!スピンショットのコツ

ゴルフ初心者と中級者を隔てる壁の一つがスピンです。初心者のうちは綺麗にスイングしてボールを飛ばすだけでも十分ですが、中〜上級者を目指すならボールをただとバスだけではなくしっかりとスピンを掛けて自由自在にコントロールできる技術を身につけなければいけません。

練習場でのショットは飛ばすだけでボールが転がる様子まで確認しないものですが、コースで重要なのは飛び方よりも転がり方、止まり方です。

ゴルフ場で確かなスコアを残すためにも、しっかりとスピンをかけられるショット習得を目指しましょう。ゴルフのスピンは大きく分けるとトップスピンとバックスピンの2種類があります。

順回転のトップスピンは飛距離も転がる距離も伸び、逆回転のバックスピンはボールの転がりを抑える効果があります。どちらもプレーする上で大きな武器になるボールですが、トップスピンを狙って打つのは高度な技術が必要でプロでも難儀します。まずはバックスピンの習得を目指しましょう。

バックスピンを打つために重要なのは体をぶれさせずにきっちりと振りぬくことです。脇や膝、腰回りの筋肉を意識的に締めて体のブレを抑えグリップを固定しスイング中に体が流れないように構えてください。

スタンスは右足の前にボールが来る位置にセットし、ハンドファーストでクラブをスイングします。通常よりも体が開き気味のショットになるため体重が体の内側にかかるように意識しましょう。

クラブヘッドがボール底部に鋭角に入るようにイメージし、インパクトを早くして振りぬいてください。両足でしっかり踏ん張ると綺麗に振り抜けます。

一連の流れを意識してスイングすれば、ボールにはしっかりとバックスピンがかかります。スイングスピードが遅いとスピンが弱くなってしまうので、インパクト時のスピードを上げることがポイントです。

スピンショットがうまく打てない、という方はレッスンやスクールに参加して技術指導を受けるとよいでしょう。スピンショットは難しい技術ではありませんがコツをつかむ必要があるため、独学では習得するのは簡単ではありません。

池袋などの都心には技術を丁寧に指導してくれるスクールがいくつもあります。飲み込みがよければたった1回の指導でスピンショットを習得できる可能性もあります。

池袋など通いやす立地にあるスクールなら仕事帰りにも寄れるので、平日に腕を磨いて週末のプレーに活かすこともできるでしょう。